脚付小鉢の欠けを銀で継ぎました。

脚付小鉢。和食器です。

不思議な形に欠けて割れていた~。

直せば勝手に個性が出て、魅力が増すのがこの修理方法の魅力。

どんな器にもそれぞれ歴史があって、それを表す傷があって、それが個性になってまた再生するってすごいなー、

かっこいいなーと、ずっと思っています。

青い器に銀が映える。

和の青い食器に銀は間違いないですね。

そういえばプラチナ粉を仕入れましたので今後はプラチナ仕上げも受付けます。

銀仕上げと違ってシルバーの輝きがずっと続きます。

金額は金と同じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です